<< 二度焼きでまたまた失敗の巻 プレーキパットディスクが減って... >>

茶香炉の脚の向きの巻

あいも変わらず陶器のアロマポットを作ってます^_^

今回は少し風格を出そうと思い。脚付きのアロマポット。茶香炉を制作中です。

そこで前から疑問に思っていた脚を取り付ける向き。

脚は三本が一番安定良く本体を支えてくれます。
そこで脚の向きは一本の方が前面なのか?
二本の方が前面なのか?

通常の香炉や線香立てなどは、なんじゃもんじゃの理由で前面が一本の脚になるのが正しいみたいです。

そこで、このアロマポットも前面を一本脚にして取り付けてみたのですが。
なんとも(⌒-⌒; )見た目のバランスが悪く、何か拍子抜けした感じです。
☆画像を撮るの忘れました(^^;;

e0287375_19125940.jpg


このタイプのアロマポットは前面にロウソクを入れる為の窓のような大きな穴があるので、見た目の安定感も無くバランスが悪く感じます。^^;

いろいろ決まりはあるのでしょうが自分のアロマポットはあえて前面の脚は二つにしました。

やぼったい脚(笑)

e0287375_19134169.jpg


こっちのほうがいいかんじ^_^


下の画像は脚を付けたので、水平器で測って調整をしているところです。
e0287375_15532488.jpg

e0287375_15532825.jpg

工房兼台所で撮影(⌒-⌒; )
一番手前右は脚無しのいつもの完成品です。^_^

e0287375_19160934.jpg

あとは乾燥させて〜素焼き〜釉薬〜本焼き

まだまだ完成までの道のり長し^_^

by kama696 | 2018-03-22 18:25 | 陶芸
<< 二度焼きでまたまた失敗の巻 プレーキパットディスクが減って... >>